立山、初滑りスキーの季節です!


いよいよアルプスも冠雪し、スキーシーズンが近づいてきました。まずは立山で初滑りスキー、スノーボードですね。

この春から立山のスキー、スノーボードの持ち込み規定が変わり荷物券がなくなり、ちょっとお得になりましたが一方でスキー、スノーボードはケースに入れての携行が必須となりました。普通のゲレンデや山行ならケースやカバーをコインロッカーや車などに入れておけばいいのですが、立山はケースを持ち歩いて行動する場合もあるので、できるだけコンパクトなケースがあると便利です。大型のビニール袋もけっこう高いし、一回使うとボロボロ、黒部ダムの移動ではツルツル滑って持ちにくいと色々探した結果、モンベルのポケッタブルスキーケースMが最適でオススメです。


スタッフ袋は作り付けてあり、330gと軽量でかなりコンパクトに収納できます。価格は4000円税別でリーズナブル、ファットスキーやスプリットボードも収納できます。

スプリットボードの場合は割ってギリギリ収納できる感じですが大きくかさばるボードカバーよりは使い勝手はいいのではないかと思います。残念ながらソリッドボードの場合は収納できませんでした。

立山で初滑りに行く方には必須のアイテムです!